ココロのリハビリ7「アイ」

2018/03/23



『i(アイ)』 西 加奈子


”毎日人が死んでいるのは、それも数万人単位で死んでいるのは間違いがないのに、自分たちの近くで起こらなければ、それはなかったと同じことになる。
誰かがどこかで死んでも、空が割れるわけでもなく、血の雨が降るわけでもない。世界はただただ平穏だ。

「この世界にアイは存在しません」”


******************  ****************  ****** 

内戦が続き多くの命が失われているシリア。そこで生まれた少女「アイ」は裕福な家庭の養子となり何不自由なく育ちます。

彼女は、テロや戦争、災害など多くの死者が出たニュースを見るたびに「なぜ自分ではないのか?」と思い悩み続けます。


●○●●●●○○●○○●  ●○○○●      


当たり前に住む場所はあり、食べるものにも仕事にも恵まれて暮らしている日本人は
世界の中で最も幸せな国民だと思います。

しかし今の日本人はそんな生活が当たり前だと思っています。


欲しいものがあればアマゾンでポチれば次の日には届けてくれるし、24時間やっているコンビニは飽和状態。

TVは芸能人の不倫の話題でもちきりです。


外国のテロや戦争のニュースの映像を見ても、映画を見ているようで現実感がありません。


しかしこれからは”世界”を見て、痛みに寄り添い、考える「心の豊かさ」が大事な世の中になっていくと思います。




シリア内戦による死者は34万人に達した。全死者のうち10万2618人が民間人で、うち子どもが約1万9000人、女性が約1万2000人となっている。



忌野清志郎「JUMP」



---------------------------------------------------------------------------
LINE 友達募集
  友だち追加
ココロマッサージを友だちに追加すると
料金がお友だち価格に!
さらに、お得なキャンペーンや楽しい情報が届きます!

LINEメッセージからご予約もできます。
「お名前」「ご希望日時」を書いて送ってください。
当日中にご返信いたします。

お問い合わせ
営業時間:平日10時~23時半(当日予約受付19時まで)
東京都北区十条仲原 1-28-10 2F
TEL:03-3905-1588
»メールはこちら