ココロマッサージのブログ「陰陽」

2014/07/15

会社や家庭などで原発、TPP、集団的自衛権などの社会問題の賛否を問われる事がよくあると思います。
震災後は特に多くなってきていますよね

色々な意見をネットなどで見ていると
どちらの主張も正しいような気がして分からなくなることがあります。

どちらの意見も偏らず見れる位の距離感で色々と考える分にはいいんですが、
片方の意見にのめり込み過ぎてしまうと
相手方との相違点や矛盾点ばかりに目が行ってしまい
正しい判断ができなくなることが往々にしてあります。

そういった二項対立が悪い方向にエスカレートした結果が
喧嘩や紛争や内戦、戦争といわれています。



東洋医学には「陰陽」という概念があります。
自然界のすべての現象を「陰」と「陽」に分けて考えていきます。
男と女、表と裏、昼と夜、日向と日陰、温と寒、上と下、外側と内側など。

陰と陽の関係性ですが、性質が真逆なのでもちろん「対立」します。

が、「依存」もします。
「上」がなければ「下」はないし
「下」がなければ「上」も存在しません。
表がなければ裏はないし
日陰がなければ日向はありません。
対立する相手の存在が必要なわけです。

あと「転化」という関係もあります。
ある点まで到達すると反対のものにコロッと変わってしまいます。
例えば、上と下の境界線ってどこでしょう。
上から指差して降りていった時に、真ん中位の所からコロッと「下」に変わります。
対立している双方は、つねに対立する相手の側に転化する要素を内包していると言われています。


二項対立の中で、いがみ合いやあげ足の取り合いで話し合いが先に進まない事が
ネットの中だけではなくて政治の世界でもよく見受けられますが
一度リセットして広い視野で考えていくことも必要な気がします。


※しかし残念ながら一生懸命議論したり汗かいて働いている上で
陰でも陽でもなく、あぐらをかいて
おいしい所だけ搾取しようとしている人達がいるのも現実です。




陽 (スマイリー♡)



陰 。。(なんて顔だ!!)






平和と健康、全ての人に幸せを

お問い合わせ:

営業時間:10時~21時
     
住所:東京都北区十条仲原 1-28-10 2F

TEL:03-3905-1588

»メールはこちら